勝手にアラカルトレヴュー

【読書】と【映画】のブログ

青年僧は、なぜ金閣を炎上させたか。三島由紀夫『金閣寺』

青年僧は、なぜ金閣を炎上させたか。


1950年7月1日 、「国宝・金閣寺焼失。放火犯人は寺の青年僧」という衝撃のニュースが世間の人々を驚かせた。

この事件の陰に潜められた若い学僧の悩みと葛藤を解き明かすべく、多数の作家たちにより文学作品が生まれた。
その中でもこれは、当事31歳だった三島由紀夫による代表作とされ、高く評価されている。

元来、三島は、ジャーナリスティックな中に、自分の感情を落とし込んで描くことに長けていたらしい。

実際、この作品のどこまでが事実で、どこからが創作なのかは、正直よくわからない。
しかし、青年が重度の乞音症で常に過度な劣等感を抱き、苦しんでいたこと、それにもかかわらず実家の母から過大な期待を寄せられ負担に感じていたことは、事実なのだろう。
そして、青年は、自らの心の闇と葛藤するなかで、金閣の美の魔力に魅せられ、その幻覚に苦しみ、遂には、魂を奪った美の象徴と心中しようと決心してしまう。
戦後の混乱した社会への矛盾や批判ではなく、ことさら、美意識に拘った、このくだりには、三島特有の芸術感が、深く織り込まれていると思う。

私としては、登場する人たちが、あまりにも歪んだ心の持ち主ばかりで、斜に構えた生き方をしている所が共感することはできなかった。とにかく暗い。
しかし、繰り返される日常から、悲劇へとつづく心のあがきを、巧みな告白文で綴っているところは、流石三島と、言うべきだろう。