北川智子『ハーバード白熱日本史教室』

「若き日本人女性の斬新な講義にハーバードが熱狂した!」との宣伝文句で話題の新書『ハーバード白熱日本史教室』(新潮新書)が、歴史関係書籍では異例のベストセラーとなっているらしい。

 著者の北川智子が、ハーバード大学で米国人学生らを相手に日本史を教え、全く人気のなかった日本史を、大人気講座に変貌させた。
これは、歴史関係書というよりは、いわばサクセスストーリーである。

そもそもハーバードで日本史は全く人気がなくて、登録学生数が一桁というのが当たり前だったそうだ。

しかも、1980年生まれという若さで、アジア人種で、母国語が英語でない上、女性だということで、彼女はハーバードではハンディキャップだらけの教師である。

そんな彼女の授業が話題を呼んだのは、「Lady Samurai」なる歴史概念が注目を集めたからだ。
「サムライが中心で女性がその影という状況こそが見直されるべき」と考え、「Lady Samurai=戦わずに、かつ陰で大いに活躍する女性たち」にスポットを当てたのだ。

また「Kyoto」という授業では、聴くだけの座学から離れ、学生達による地図づくりや映画づくり、タイムトラベル等、アクティブで斬新な授業に取り組んだ、

それが功を奏し、初年度16人だった講義は翌年には104人に、2年目にはさらに200人を超え、 彼女は「ティーチング・アワード」や、「ベスト・ドレッサー賞」を受賞し、さらには 「思い出に残る教授」にまで選出 されたのだから、これは凄いとしか言いようがない。

正直、読み進んでいくうちに、自慢話が鼻についてきたり、独特な歴史感や偏りがちな日本のイメージに疑問を抱くところもある。

しかし、こんな自由な授業があってもいいんじゃないだろうか。
日本の大学でも、あったら楽しいんじゃないだろうか。

それに、若き日本人女性があのハーバードで、欧米人を押さえて大人気だなんて、ちょっと嬉しい。

歴史云々と難しく考えるより、一日本人として、応援しながら読む事をお勧めしたい。


ハーバード白熱日本史教室 (新潮新書)

ハーバード白熱日本史教室 (新潮新書)