【読書】『さらさら読めるのにジワッとしみる「マーケティング」のきほん』by 兄

マーケティングの基本をおさらいしたいと思い本書を手にとった。

マーケティングとは何か。
著者は「売れる仕組みを創ること」とシンプルに定義していた。

マーケティングの本というと、フィリップ・コトラーの書いたマーケティング・マネジメントという本が有名だが、百科事典のような内容で、初学者にはややとっつきにくいように思う。
その点この本は、160ページとさくっと読むにはちょうど良い分量で、図が多用されていて理解しやすい。

私のように、マーケティングの専門用語を浅く広くおさらいしたい人(知りたい人)には、ちょうど良い書籍だ。

(用語例)
SWOT分析
強み、弱み、機会、脅威を評価・分析する手法。
内的要因、外的要因、プラス面、マイナス面として整理。

◆プロダクトポートフォリオマネジメント(PPM)
市場の成長性と市場での自社のシェアで整理。
金のなる木、花形、問題児、負け犬

◆STP
セグメンテーション:市場を細分化する
ターゲティング:フォーカスすべき市場を決める
ポジショニング:自社のポジションを明確にし、理解してもらう

◆4P
製品(プロダクト)
価格(プライス)
流通(プレイス)
販促(プロモーション)
この4つの要素を組み合わせることをマーケティングミックスと呼ぶ。

◆4C
顧客価値(カスタマーバリュー)
顧客にとっての経費(コスト)
顧客便利性(コンビニエンス)
顧客とのコミュニケーション
「4Pから4Cへ」
売る側から買う側の視点へ

◆マスマーケティング
不特定多数のマーケットに対して有効なマスメディア(TV、新聞、雑誌、折込チラシ、ラジオ)を使ったマーケティングのこと

ダイレクトマーケティング
ダイレクトメディア(ダイレクトメール、Fax、Tel、Eメール)を使って特定多数(少数)にアプローチするマーケティング
マスには「大衆」という意味がある。

◆ライフタイムバリュー(LTV)
1人の人間、または1世帯を市場と捉えシェアを議論する考え方

◆RFM分析
顧客分析の代表的手法
Recency 最終購買日
Frequency 購買頻度
Monetary 購買金額

RFM分析の目的
①顧客をより深く正確に知ることで優良顧客を守り
②準優良顧客には優良顧客にランクアップしてもらい
③浮気性の顧客が他社に奪われることを防ぎ囲い込むこと

◆カスタマー・リレーションシップ・マネジメント(CRM)
直訳すると、顧客関係管理という意味。
顧客情報(特に購買履歴)を格納するデータベースシステム。
CRMを分析して、ライフタイムバリューを獲得する。

◆セールス・フォース・オートメーション(SFA)
主にB to Bでの営業案件管理を目的として開発された。
四半期ごとの売上予測をかなり高い精度で把握できる。

◆リターン・オン・インベストメント(ROI)
ROI=利益÷投資×100
費用対効果の可視化。効果測定。

◆イノベーター理論(イノベーションのベルカーブ)
新しい革新的な技術や製品がマーケットに受け入れられる順番を時間軸で表現したもの。
市場の浸透に応じて顧客層が移り変わっていく。

以上が、参考になったマーケティング専門用語とそのメモである。
詳細は本書を読んで確認していただきたい。

また3章では、現場での心得というテーマで、マーケティングの理論だけでなく、実践を意識した内容も紹介されている。

本書は、マーケティング関連で最初に読む本としても、充分おすすめできる。


サラサラ読めるのにジワッとしみる「マーケティング」のきほん

サラサラ読めるのにジワッとしみる「マーケティング」のきほん