【読書】ポーラ・フィンドレン『自然の占有ーミュージアム、蒐集、そして初期近代イタリアの科学文化』

 ポーラ・フィンドレンの『自然の占有ーミュージアム、蒐集、そして初期近代イタリアの科学文化』を読んだ。「科学史協会」から科学史関係の年間最優秀著作に与えられる「ファイザー賞」を1996年に受賞した本だ。

 「ファイザー賞」のホームページを見ると魅力的な題名の本がたくさんあって目が眩む。

 『自然の占有』は他にも「アメリカ・カトリック歴史協会」からイタリア史関係の年間最優秀著作に与えられる「ハワード・マッラーロ賞」を受賞している。


 『自然の占有』がどんな本か説明するために、まず山口昌男の『本の神話学』の冒頭を引用する。少し長い。

七、八年ほど前のことであるが、私はしきりに「思想史としての学問史」ということを考えていたことがある。だからといってとりたてて、学説史といわれていたものを改めてどうこうするということではなく、それは、知識の存在形態(収集・保管・創造)の一つとしての学問に、特定の時代、地域の文化がいかに反映するかということを、学問の分野と既成の枠の中に押し込めないで、通分野的に、そして意識の他のあり方ーーすなわち演劇、絵画、文学といった「他の」諸々の創造に携わる行為とのかかわり合いにおいて展望に収める方法はないであろうか、といった関心にもとづく模索のようなものであったといった方がよいであろう。


 ポーラ・フィンドレン著『自然の占有』は16・17世紀イタリアの知識の存在形態(収集・保管・創造)を解き明かした本である。

 当時の知識人たちは本で得た知識だけで満足せず、自然を占有した。つまり未知の動植物や石を蒐集し、一ヶ所に収め、ミュージアムを作った。

 そして著名なミュージアムには著名な知識人が訪れ、ネットワークのようなものが出来上がっていた。『自然の占有』によるとこのような知識の存在形態はイタリアに特有のもので、イギリスには存在しなかった。ある程度のエリート意識がこのようなネットワークを作ったらしい。イギリスのミュージアムは万人に開かれていた。


 私が『自然の占有』で一番衝撃的だった主張は、ミュージアム文化が実験科学を生んだというものだ。自然を占有することが自然を操作することに繋がっていったのだ。そのとき、聴衆に見せるというミュージアム独特の実演文化が大きく影響した。



目次

謝辞
プロローグ

第1部 ミュージアムの位置づけ

 第1章 「閉ざされた小部屋の中の驚異の世界」
 第2章 パラダイムの探求
 第3章 知識の場

第2部 自然の実験室

 第4章 科学の巡礼
 第5章 経験/実験の遂行
 第6章 医学のミュージアム

第3部 交換の経済学

 第7章 蒐集家の発明/創出
 第8章 学芸庇護者、宮廷仲介者、そして戦略

エピローグ 古いものと新しいもの

原註
略語一覧
文献一覧
解説『自然の占有』の位置づけ 伊藤博
人名/著作名/美術作品名 索引


自然の占有―ミュージアム、蒐集、そして初期近代イタリアの科学文化

自然の占有―ミュージアム、蒐集、そして初期近代イタリアの科学文化