【映画】『プラチナデータ』

舞台は近未来の日本。

政府は全国民のDNAデータを極秘裏に収集し、警視庁科学捜査機関の天才科学者・神楽龍平(二宮和也)が中心となり、画期的DNA捜査システムを開発。その“プラチナデータ”と呼ばれる国民のデータを駆使し、検挙率100%の社会を、実現しようとしていた。

しかし、ある連続殺人事件の捜査で、DNA検索システムは「Not Found(NF)13」という結果を示した。これは、類似する遺伝子が登録されていない、というものだった。

このことで、検索システムに疑問を持った神楽が調べ始めると、同じ頃、大学病院の天才プログラマー・蓼科早樹(水原希子)とその兄が何者かに殺されてしまう。彼らは、神楽と共に遺伝子情報解析システムのプログラミングも手懸けていた。 そして死の直前に、『DNA検索システムは不完全。モーグルを完成した』と、神楽に伝えていた。しかし、早樹の衣服に付着していた毛髪のDNAから、 あろうことか神楽自身が、検索システムによって犯人とされてしまい、逃げ惑うことなる。

神楽は本当に犯人なのか?

現場叩き上げの敏腕刑事・浅間玲司(豊川悦司)が執拗に追い詰めていくが、やがて神楽が二重人格で、もうひとりの人格リョウが、早樹に恋心を抱いていたことに気づいた。神楽が犯人でないと確信した浅間は、神楽に協力し、モーグルを探し出し、真のプラチナデータの目的を暴き出していくのである。

なんと、この「モーグル」が持っている真のプラチナデータとは官僚、政治家、警察上層部たち本人とその家族の遺伝子情報で、事件を起こしても、意図的に「NOT FOUND」として解析されるようになっていたのだ。神楽と浅間は、真のプラチナデータが、国民の安全のためでなく、特権階級を守ためのシステムであったことに驚愕するばかりだった。
そして、彼らは……。


人気作家・東野圭吾の同名ベストセラーを「ハゲタカ」「るろうに剣心」の大友啓史監督が手掛けたSFミステリー。

ストーリーは興味深いが、展開にはやや無理がある。しかし、それでも、豪華な俳優陣が、花を添えている。中でも、リョウに入れ替わったときの、二宮和也の温和で不思議な表情が、とても印象的だった。