【映画】『海街diary』

月刊フラワーズ』に不定期で連載された吉田秋生のベストセラーコミックを実写化した映画。

祖母の残した鎌倉の古い一軒家で暮らす、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳(夏帆)。
そんな彼女たちのもとに、15年前に姿を消した父親の訃報が届く。

葬儀が執り行われた山形で、三人は、父とほかの女性の間に生まれた異母妹すず(広瀬すず)と対面する。
心細い筈なのに、気丈に振る舞うすずに、幸は、鎌倉で自分たちと一緒に暮らさないかと誘いかける。

こうして鎌倉での四姉妹の生活が、始まることとなった。

父のことを口にするまいと緊張感していたすずだが、三人のポンポン飛び交う会話の自然さ、恋愛がらみの喧嘩や仲直り、庭の梅もぎから始める梅酒づくり等を通し、だんだんと家族らしくなっていく。

海に近い街で、繰り返される日常の出来事を淡々と描く、まさにダイアリーそのもの。

ストーリーの展開を楽しみたい向きには、おすすめできないが、大叔母の樹木希林、北海道暮らしを選び、ろくに連絡もよこさない母・大竹しのぶ、惜しまれてこの世をさる食堂の女将・風吹ジュンらの、味のある演技と、鎌倉の美しい四季が楽しめる、是枝監督らしい一作である。


海街diary

海街diary