【映画】『海よりもまだ深く』

 大器だけど、晩成には程遠く、うだつの上がらないダメ中年男・良多を、阿部寛が好演。
 15年前に一度文学賞を取ったきりの自称小説家は、ネタ探しという名目で、探偵事務所で働いているが、まだ夢を諦められない。

 息子は可愛いけれど、養育費もろくに払えず、元妻の響子(真木よう子)には、とっくに愛想を尽かされているのに、新恋人ができたと知ると、居ても立ってもいられない。

 ある日、団地住まいの母淑子(樹木希林)の元に集まっていた三人の元家族は、台風のため帰れなくなり、一晩を共にすることとなる。

 風雨の中、団地のタコ滑り台の下で、湿気ったお煎餅を食べながら、父と息子が話すシーンは、なんとなくホッとする。

息子に《なりたいものになれた?》と聞かれ、
《なれたかどうかは問題じゃなくて、大切なのは、そういう気持ちをもって生きてるかどうかってことなんだ。》
と、応える良多。

心配して様子を見にきた響子と肩を並べ、
《こんなはずじゃなかった》
と、語り合う元夫婦。

そして、
《もう決めたんだから、前に進ませてよ。わかってる?》
と、言う響子に、《わかってる》《いや、わかってた》と、応える良多。

 どこにでもありがちな、家族の光景を切り取って淡々と描く、是枝監督らしい作品である。

 ストーリーは、あるようなないような。
 しかし、なんとなく胸に響く。そして何より俳優陣が素晴らしい。

 先頃亡くなられた樹木希林への追悼の思いもあって観たが、やはり、実にいい表情で、いい味を出していた。

 団地のベランダから、手を振っている淑子のさりげない姿が目に残っている。