【映画】『聖の青春』

 29才の若さでこの世を去った関西の天才棋士村山聖の凄絶な一生を、淡々と切実に描いた映画である。

 幼い頃から、腎ネフローゼという難病に苦しんでいた聖は、入院中に覚えた将棋に夢中になり、森師匠のもとでメキメキと頭角を表し、7段への道をかけ昇っていく。
 同世代の羽生善治らとのバトルは、まさに死闘。
 膀胱癌にまで蝕まれ、いつ倒れてもおかしくない状態でありながらも、必死に試合の席に臨み続ける。
 勝つことに執念を燃やし、羽生に食らいついていく命懸けの姿が胸を打つ。

 主演の松山ケンイチが20キロも増量して、主人公の辛い症状と、熱い思いを演じている。


聖の青春

聖の青春