【読書】柚木麻子『ナイルパーチの女子会』

 大手総合商社でバリバリ仕事をこなす栄利子は、最近人気のだらだら主婦ブロガーおひょうさんのブログにはまっている。

 たまたま近所に住んでいたふたりは、行きつけの店でバッタリ出会い、意気投合。

 性格の違うふたりだが、かえってお互いに惹かれ合い、あたかも最強の二人になりそうな勢いだった。

 しかし、学生時代から他人との距離感がうまくつかめない栄利子は、おひょうこと翔子にも必要以上に踏み込み過ぎて引かれてしまう。 

 人との繋がりの中で自分の輪郭を確認したいと切に願う栄利子は、歯止めがきかず、もうストーカー状態。

 また、誰かと触れ合って自分の輪郭を確かめたい翔子は、過ちを起こしてしまう。

 執着からの強要、脅迫。

 それからのふたりは何もかもが悪い方へ、悪い方へと堕ちていく。

 軽い女子トークを期待してた私には、あまりにもおどろおどろしくて恐ろしくなるような驚愕の展開だったが、はまる人もいるのかも。

 何しろ第28回山本周五郎賞のみならず、第3回高校生直木賞に輝いた作品です。


ナイルパーチの女子会 (文春文庫)

ナイルパーチの女子会 (文春文庫)