科学のカラヴァッジョ派ブログ

ブログのコンセプトは「文学少女が物理学の本を読んだら」です。科学の恋愛至上主義。外見重視。

岸見一郎『嫌われる勇気ーーー自己啓発の源流「アドラー」の教え』by 兄

 本書はフロイトユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用いてまとめた一冊だ。

 アドラー心理学にはいくつかキーワードがある。


原因論ではなく、目的論で捉える

 ある原因があるから何かができない(原因論)わけでなく、何かをしたくないという目的があってそのためにできない原因を生み出している(目的論)という解釈。
 過去のトラウマや原因に意味づけを与えるのは、他でもない自分自身。
 あなたが変わらないでいるのは、原因を理由にして、居心地の良い今の自分から変わらないという目的があるから。つまり、変わらないという決心を自分で下しているから。


②すべての悩みは対人関係

 孤独を感じるにも他者を必要とする。個人だけで完結する悩み、いわゆる内面の悩みなどは存在しない。
 これは誰の課題なのか?という視点から、自分の課題と他者の課題とを分離していく必要がある。
 あらゆる対人関係トラブルは、他者の課題に土足で踏み込むこと、あるいは自分の課題に土足で踏み込まれることによって引き起こされる。


③自己受容、他者信頼、他者貢献

 交換不能な「このわたし」をありのまま受け入れる自己受容。
 対人関係の基礎に懐疑を置かず、無条件の信頼を置くべきだとする他者信頼。
 そして、他者に無条件の信頼を寄せて、人々は自分の仲間だと思えているからこそできる他者貢献。


 アドラー心理学では、「幸福とは、貢献感である」と定義している。
 そして、幸福な人生への導きの星は、他者貢献だとも断言している。
 最後に、アドラーの言葉を贈る。

「誰かが始めなければならない。他の人が協力的でないとしても、それはあなたには関係ない。わたしの助言はこうだ。あなたが始めるべきだ。他の人が協力的であるかどうかなど考えることなく。」



嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え