武田猛、藤田康人 他『ヒットを育てる!食品の機能性マーケティング』by 兄

武田猛、藤田康人 他『ヒットを育てる!食品の機能性マーケティング

 皆さんがご存知かは分からないが、食品の機能性を表示することは、法律で禁止されている。

 ただし、トクホや機能性表示食品といった制度を利用すれば、限定的に機能性を表示することは可能である。

 それでも可能な機能性表示は、キシリトールでいえば、「歯の再石灰化を促進する」といった表示どまりで、本来伝えたい「虫歯の予防効果」は法律の都合上、商品に表示できないのだ。

 そんな環境中、編み出された戦略が、商品には具体的な機能を表示せず、別の方法で「キシリトール=虫歯予防」を消費者に浸透させ、商品にはキシリトール配合とのみ表示する戦略だ。つまり、直接表示はしなくとも、消費者の頭の中で、「キシリトール配合の商品=虫歯予防の商品」と変換してもらい、商品の購買を促す戦略である。

 法律をうまく回避し、メディア、アカデミック、研究会、歯科医等を巻き込みながら、消費者に巧みに機能性を伝えるコミュニケーション戦略は、多いに参考になる内容だ。

 いかにして消費者に機能性を伝えるか、食品の機能性マーケティングの真髄がこの本には書かれている。

 個人的には、食品業界で働くすべての人におすすめしたい一冊である。


ヒットを育てる! 食品の機能性マーケティング

ヒットを育てる! 食品の機能性マーケティング