科学のカラヴァッジョ派ブログ

ブログのコンセプトは「文学少女が物理学の本を読んだら」です。科学の恋愛至上主義。外見重視。

歴史的な日本人数学者についてのメモ

 以前、高木貞治さんのことを、数学の百科事典「プリンストン数学大全」の年表にフルネームで載っている唯一の日本人と書いて紹介してしまったけど、もう一人フルネームで載っている日本人がいることに気がついた。その部分の近くだけ抜粋する。


1664~72年 ニュートンによる微積分の初期の著作

1678年 フック『復元力について』( 弾性の法則 )

1683年 関孝和『解伏題之法』( 行列式の項を決定する方法 )

1684年 ライプニッツによる微積分の最初の論文


プリンストン 数学大全

プリンストン 数学大全

  • 作者: ティモシーガワーズ,ジューンバロウ=グリーン,イムレリーダー,砂田利一,石井仁司,平田典子,二木昭人,森真
  • 出版社/メーカー: 朝倉書店
  • 発売日: 2015/11/10
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログ (2件) を見る