読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

科学のカラヴァッジョ派ブログ

ブログのコンセプトは「文学少女が物理学の本を読んだら」です。科学の恋愛至上主義。外見重視。

木田元『新人生論ノート』

 三木清が昭和十六年に『人生論ノート』を書いた。出るやいなやベスト・セラーになった。戦前のエリートの卵 ( ゆで卵ども ) である旧制高校生にとって西田幾多郎善の研究』や阿部次郎『三太郎の日記』と並ぶ必読書となった。


 三木清は死について、幸福について、懐疑について、習慣について、孤独について、希望について独特の文体で綴った。例えば、懐疑について。

 「不確実なものが確実なものの基礎である。パスカルは『人は不確実なもののために働く』とさえ言っている。なぜ懐疑が生まれるかといえば、いかなる者も他を信じさせることができるほどには、自分を信じさせることができないからなのである。
 懐疑は方法であり、そのことを理解できた者のみが、初めて独断も方法であることを理解する。」

 というふうに。


 『新人生論ノート』は哲学者の木田元が、木田テイストで三木清の『人生論ノート』を書き直した本。故郷について、記憶について、運命について、笑いについて、人生行路の諸段階について、死について、理性について、性格について、読書について、自然について、戦争体験について、遊びについて、書いてある。


 私は「笑いについて」が一番面白かった。

 まず木田さんはベルクソンホッブズの笑い論を軽く紹介した上で、自分にとっての笑いはこれらとは違うと退け、以下のように書く。


 「笑いは人間が孕んでいる不合理や矛盾を肯定することからはじまる。
 警視総監が泥棒であっても、それを否定し揶揄するのではなく、そのような不合理自体を、合理化しきれないゆえに、肯定し、丸呑みにし、笑いという豪華な魔術によって、うやむやのうちにそっくり昇天させようとするのである。
 合理の世界が散々もてあました不合理を、もはや精根つきはてたら突然不合理のまま丸呑みにして、笑いとばしてしまうことである。」


 そのあと、第六章「死について」にこんな話が書いてある。

 十八、九のころからずっと親しくしてきた友人の三井君が他界したのは、昭和五十八年だった。享年五十四才。
 六月に肺癌が発見され、その時点であと三ヶ月と言われたが、そのとおり、九月の初めに急逝した。幾度も見舞ったが、とてもそんな間近に死が迫っているとは思えない様子だった。本人も間もなく勤めていた新聞社に復帰できると思い、毎日病院の階段を昇り降りして脚のリハビリをしていた。
 九月四日の朝、危篤だという電話を奥さんからもらい、三時間近くかけて十一時すぎに病院に着くと、もう酸素テントに入っていた。三井君は私の顔を見て、右手を挙げ、笑いかけた。人生なにが起こるか分からないねとういふうに。

新人生論ノート (集英社新書)

新人生論ノート (集英社新書)

平野啓一郎『葬送』、叙事詩。

舞台はパリ。

それも、ブルジョア中心の7月王政から、市民革命、第二共和制へと、めまぐるしく移り変わりゆく激動のパリ。


サロンで時代の寵児として愛される天才音楽家ショパンとその愛人ジョルジュ=サンドのロマンスと離別、天才画家ドラクロワとの友情と芸術論、きらびやかで、我々一般人とはかけ離れた世界の、絵空事かと思って読み始めた。


しかし、否。

この本は、そんなありきたりな夢物語を描いている訳ではないのです。


作者平野啓一郎が、4年の月日をかけたという緻密な考証はただものではない。

激動の中で、変わりゆく価値観に抗いながら、自分達の運命に翻弄されていく天才達の心の葛藤、苦悩を丹念に紡ぎあげた珠玉の書といえるでしょう。

才能に恵まれながらも、39才という若さでこの世をさらなければならなかったショパンの哀しみ。
そして、二度と再び踏むことのできなかった故郷ワルシャワの地と母への強い思慕。

親友の死すら正面からうけとめられない自分に、自問自答し続けているドラクロワの苦悩。

これは、まさに繊細でフラジャイルなショパンの調べそのものであり、心の葛藤や苦悩を丁寧に綴った、まさに、魂の叫びの書なのかもしれません。

葬送〈第1部(上)〉 (新潮文庫)

葬送〈第1部(上)〉 (新潮文庫)

葬送〈第1部(下)〉 (新潮文庫)

葬送〈第1部(下)〉 (新潮文庫)

葬送〈第2部(上)〉 (新潮文庫)

葬送〈第2部(上)〉 (新潮文庫)

葬送〈第2部(下)〉 (新潮文庫)

葬送〈第2部(下)〉 (新潮文庫)

シュレディンガー方程式と花柄模様

シュレディンガー方程式との出逢い

シュレディンガー方程式を初めて見たとき、汚いなって思ったんです。今まで綺麗な方程式をたくさん見てきたから。


導出の過程がいびつだし、ルックスもスマートじゃない。あんまり好きじゃないなって。



それが、シュレディンガー方程式から球面調和関数が導かれるのをみて、見直したんです。


シュレディンガー方程式も悪くないじゃないかって。いや、むしろ好きかもって。




でも、まだきらいなところはあります。


なんといっても、あのラプラシアンです。



ラプラシアンを見ていると、あの三角の空洞に針を通して花柄の刺繍を入れたくなります。そうしたら、もっとましなルックスになると思うんです。


ラプラス作用素 - Wikipedia


大人のモダン刺繍 テキスタイルを描くように刺す 刺繍小物

大人のモダン刺繍 テキスタイルを描くように刺す 刺繍小物

詩人の量子論、高林武彦『量子論の発展史』

高林武彦

高林武彦さんは詩人で物理学者です。その詩心は、フィジカル・センチメンタルで物質情念的です。学者としては、物理学が時折見せる「不思議の国への飛躍」を生涯追求しました。




2008年にノーベル物理学賞をした南部陽一郎さんは高林武彦さんを評して、こう言いました。「詩人としての性格が彼の業績のすべてを規定している」。この言葉、よく分かります。






実は、高林武彦さんには詩人と物理学者以外にもうひとつの顔があります。科学史家としての顔です。みずからも物理学者として未知の国を探究するかたわら、人類が辿った「不思議の国への飛躍」を綴りました。






量子論の発展史』では量子論が辿った歴史を綴ります。





量子論は1913年4月、27歳の青年ボーアによって不思議の国へと飛躍しました。その原子論の不思議さは、さながら古典論というゴシック風の土台の上に建ったバロック風の塔のようでした。


量子論の発展史 (ちくま学芸文庫)

量子論の発展史 (ちくま学芸文庫)


昔住んでいた家のこと。 - マティスが好きな大学生の日常

アンリ・ルソー的物理学者広江克彦

絵画の鑑賞法

絵画を観るときまず全体を観る。そこから第1印象を受け取り、細部に目を移していく。それに対して音楽を聞くとき、いきなり全体を聞くことはできない。モーツァルトにはできたらしいが。

一般には、1音1音積み重ね、最後に全体の印象が残る。





多くの物理学の本は細部の精密な議論を積み重ねることで出来ている。音楽的だ。

ひどい本だと全体に到達することなく終わることもある。





広江さんの物理学の本は、まず全体を観せてしまう。それから細部の議論に移ってゆく。もちろん弊害もある。第1印象が間違いであることはよくあることだ。苦い経験をしたことは誰しもあろう。


しかし、絵画的な物理学の本があまりにも少ない現状を踏まえれば、広江作品が貴重なのは言うまでもない。





アンリ・ルソー的物理学者広江克彦。



おわり。


アンリ・ルソー (RIKUYOSHA Children & YA Books)

アンリ・ルソー (RIKUYOSHA Children & YA Books)

時短テクとしてのマンガ勉強法。by 兄

社会人になると色々なことを勉強しなければ、なりませんよね?


仕事仲間や取引先の方と実りのあるコミュニケーションを交わすためには教養が必須ですし、海外の方と仕事をするには宗教への理解が欠かせません。


直接消費者を相手にする仕事についていなくとも、連関を辿っていけば、どんな仕事も消費者に支えられている以上マーケティングの知識もかかせません。




でも、忙しい社会人のみなさんに聖書やコーランを読んだり「マーケティングの父」コトラーの分厚い原著を読む時間ってないですよね?




そこで、私が提案したいのは、時短テクとしての「マンガ勉強法」です。


例えば、会議での話し合いでうまく論点がまとまらないときに、図や表にすることで議論がスッキリした経験ってありませんか?


絵には学習を効率的にする効果があるんです。


さらに、勉強する過程をマンガにすることで、主人公が徐々に学んでゆく教養小説(主人公が成長する物語)として、主人公と自分を重ね合わせながら学問を学んでゆくことができるんです。




マンガ勉強法は、忙しいビジネスパーソンにおすすめの時短テクです!


まんがでわかる 新渡戸稲造「武士道」―――剣は心なり(Business Comic Series)

まんがでわかる 新渡戸稲造「武士道」―――剣は心なり(Business Comic Series)


安部徹也『マンガでやさしくわかるコトラー』を読んで。by 兄 - 科学のカラヴァッジョ派ブログ


『まんがで学ぶ 世界の宗教―――日本人は無宗教? 宗教って難しくない(Business ComicSeries)』by 兄 - 科学のカラヴァッジョ派ブログ

食品表示検定上級に合格するまでの勉強法。by 兄(上級食品表示診断士)

はじめに

私は大学院生1年のときに食品表示検定を受け始め、社会人2年目に食品表示検定上級に合格しました。具体的な勉強期間は、初級は1カ月、中級は3カ月、上級は2年です。他の受験生の役に立てばと思い、上級合格までの道のりを報告したいと思います。


初級合格まで

まず、上級の試験の受験資格は中級合格ですが、中級の受験資格は特にないので、初級は飛ばすこともできます。私は受けましたが。


私は、今まで食品表示と何のゆかりもない状態から、就職活動に役立つと考え勉強を始めました。そこでまず、食品表示検定協会が主催している講習会に参加しました。市販で売られているテキストの内容をまとめたパワーポイントのレジュメと1回分の過去問が配布されます。そして、そのレジュメの解説(一部演習あり)を受けました。講習会に参加するのならば、テキストは必要はないかもしれません。


初級のテストは選択形式です。


私はパワーポイントのレジュメを2、3回読み、過去問は雰囲気を掴むために利用し、合格しました。


初級は、講習会に出席せずに市販のテキストの勉強だけで合格出来るのではないかと感じました。


[改訂4版]食品表示検定認定テキスト・初級

[改訂4版]食品表示検定認定テキスト・初級


中級合格まで

中級の勉強のときも、講習会に出席しました。同じく1回分の過去問と市販で売られているテキストの内容をまとめたパワーポイントのレジュメが配布され、その解説(一部演習あり)を受けました。


中級のテキストは必須で、現在でも会社で参照しているほどです。


テスト形式は初級と同じ選択形式で、設問が少し詳しくなる感じです。


試験には、レジュメとテキストを読み込み過去問を前日に解いて、臨み、合格しました。


[改訂4版]食品表示検定認定テキスト・中級

[改訂4版]食品表示検定認定テキスト・中級


上級合格まで

上級は合格するまでに複数回試験を受けました。1回目の受験のときに講習会に参加し、同じく、レジュメと過去問を1回分をもらいました。中級と同じくらい勉強しましたが、歯が立ちませんでした。


2回目は、社会人として表示の実務を2ヶ月間経験して受けましたが、一歩届きませんでした。


テストは初級、中級と同じ選択形式と、記述問題です。選択問題が思いのほか難しく、点数がとれませんでした。選択問題は初級、中級とは比べものにならず、さらに上級は市販のテキストがないので消費者庁のホームページの法規をよく勉強しなければなりません。特に食品表示基準Q&Aに目を通しておくことが大切です。Q&Aには通常の法規には載っていない運用上の注意点が載っていて、理解が深まります。受けた試験問題は持ち帰れるので、3回目の試験に向けて、講習会で貰った過去問と2回の試験問題を、特にその中の選択問題を集中的に解きました(その時、食品表示基準Q&Aをよく参照しました)。その結果、










合格しました。


記述問題は、3パターンで、1問目は、3つのキーワードを800字で説明する問題です。講習会でポイントを教わることができます。しかし、すべての問題を想定することは不可能なので、山を張るしかありません。私のときは、食品表示法施行にあたっての変更点について3つのキーワードがあたえられました。


2問目は、提示された表示の間違いを指摘し、正しい表示を書くという問題です。これは中級を合格していれば解けます。


3問目は、配合と前提条件が与えられて、自分で定規を使って表示を作成します。自分で表示を作る練習が必要です。


以上、上級試験のレポートです(2015年11月29日
第5回上級試験)。


おわりに

食品表示検定は食品業界では、名の通った資格です。どの部署に行ったとしても役に立つスキルです。食品業界に行きたいのならば、取って損のない資格です。そして、いち消費者としても大切な知識だと思っています。


最後に、合格する上で大事なことを書きます。それは日頃から食品表示を観察し、疑問を持ち、調べることです。そうすれば絶対合格できます。